HOME > 犬の病気

犬の病気

心臓病

犬の心臓病では特に7才以上のチワワ・トイプードル・ミニチュアダックス・ポメラニアン・シーズー・マルチーズ・キャバリア・などの犬種に加齢性の心臓弁膜症疾患が非常に多くみられます。心臓弁膜症は初期のうちは聴診で心雑音があるだけで無症状なのですが、年齢とともに徐々に進行し最終的に慢性心不全になるとひどい咳や息苦しい症状が出たり、さらには発作や失神を起こしたりして命に関わることになります。いずれの場合も心臓病を適切に診断し、症状の有無に関わらず早期治療することがとても重要となります。

このような症状の場合は当院へご相談ください。

  • 最近ときどき咳き込むことがあり、寝てばかりいるようになっている。
  • 興奮したり運動したりすると息切れを起こしたり、咳が出たりする。
  • 散歩に行くと疲れやすく、息づかいが荒くなり動かなくなったりする。
  • 心臓が悪いと言われたことがあるが、詳しい病状を知りたい。
超音波検査および心電図検査

最新の超音波装置を使い心臓の内部の状態や心臓の動きを詳細に調べることができるもので、ドプラ機能を用い心臓の内部を流れる血流を詳細に調べることができます。


当院では、平均して月20件ほどの手術を行っております。その1例をご紹介します。
15歳のミニチュアダックスフンドの子が目の上が腫れたということで来院されました。3ヶ月前にも同様の腫れが起こり、他の病院様で針を刺したところ膿状の液を抜くことができたそうです。細胞の検査でも膿ということで、その後は抗生物質投与で落ち着いていた状態でした。今回も同様に膿状の液が抜けたのですが、腫れていた部分の頭蓋骨に穴が空いている疑いが出てきました。
また、抜いた物を顕微鏡で見てみたところ腫瘍を疑わせる細胞が見てとれました。針で採取した細胞の検査は、必ずしも1度ではっきりとした結果が出るとは限りません。飼い主様も原因をはっきりさせたいということで、CTとMRI検査を外部の病院で行ったところ、頭蓋骨の前頭洞という空間に腫瘍を疑わせる塊が確認され、頭蓋骨が溶けて小さい穴が空いていることが確認できました。(写真A)
CTとMRIの画像より空いた穴から塊の切除が可能であると判断し、手術により摘出しました。(写真B)摘出したものは専門の検査機関で調べてもらいました。腫瘍であれば腫瘍の種類を特定し、それにあった治療の選択ができます。
結果は鼻腔腺癌という悪性の腫瘍でした。この子は心臓も悪かったのですが、術後の回復も早く翌日には元気も食欲もいつも通りでした。現在は飼い主様とご相談の上、抗がん剤治療を行っています。

(写真A)(写真B)

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは発情との関連が多いです。2回目までの発情(生後1歳半くらい)までに避妊手術をすれば、発生をかなり抑えることができます。(乳腺腫瘍の予防に、避妊手術が有効であることは証明されております。)
悪性も良性もありますが最初はゴマ粒大の大きさ程度です。

犬の乳腺腫瘍は50%が悪性、猫ではほとんどが悪性であるため、発見と同時に手術することが最も重要です。悪性の場合転移するため、オッパイにできたしこりがゴマ粒大でも油断ができません。通常は、切除手術→病理検査→悪性であれば抗がん剤治療を約半年続けていきます。良性ならば、手術のみで終わりです。

犬の椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間の椎間板の髄核が、その周囲を円状に覆う繊維輪の中に漏出する現象を言います。
そして体の一部に激し痛みが出たり、動きたがらずじっとしていたり、後肢が麻痺したりという症状が見られます。
診断するには脊髄造影検査法、CT検査、MRI検査を必要に応じて行います。
症状がひどい場合には外科的治療法が適応になります。
当院では、脊髄造影検査法、外科的治療の他、CT検査、MRI検査設備のある病院との連携も行っております。



大きな地図で見る

住所
〒451-0016
名古屋市西区庄内通1-40ミユキモールサウスサイド1F

最寄駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩9分、
浄心駅1番出口より徒歩10分

診療時間
9:00 ~12:00 / 16:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら