HOME > 診療案内 > 皮膚疾患

皮膚疾患

皮膚疾患

皮膚疾患のイメージ
皮膚の疾患には、アレルギー性疾患、感染性疾患、内分泌性疾患、自己免疫疾患などがあります。人間と違い、犬や猫の皮膚は被毛で覆われているため、異常に気付いた時にはすでに進行し、慢性化している場合が多いです。被毛をかき分けて、赤くなっている、痒みがある、湿疹がある、しこりがある、臭いが強い、フケが多いなどの症状が見られた場合には、早い段階での対策が勧められます。
特に、耳、下腹部、脇、肛門の周囲、四肢端などは病変の出やすい部位です。また、皮膚にしこりがあったり、皮膚の色が黄色くなっていたり、紫色になっている場合には、重大な疾患が隠れている可能性が考えられます。

犬や猫での皮膚のターンオーバーはおよそ21日と言われています。根気強い治療も時として必要になります。抗菌薬、抗真菌薬、駆虫薬、抗炎症薬、免疫抑制剤、抗アレルギー薬などの薬物療法だけでなく、薬用シャンプーや特別療法食を併用し、症状を和らげることも重要な役割を持ちます。

皮膚に関して、少しでも気になることがある場合には、お気軽にご相談ください。

大きな地図で見る

住所
〒451-0016
名古屋市西区庄内通1-40ミユキモールサウスサイド1F

最寄駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩9分、
浄心駅1番出口より徒歩10分

診療時間
9:00 ~12:00 / 16:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら