HOME > 診療案内 > 歯科処置

歯科処置

歯科処置

歯科処置のイメージ
歯石処置について

次の症状がみられたら要注意!

  • 口が臭い
  • 歯が黄色くなっている
  • 歯茎が赤く腫れたようになっている
  • 歯石や歯垢がついている
  • 歯茎から出血みられる

上記の事があなたペットに見られるようでしたら、歯周病です。

歯周病とは
歯を支える歯肉(歯茎)、歯槽骨などの疾患です。
犬や猫の場合ですと、虫歯はあまり無く歯周病がほとんどです。
まず歯と歯肉の間に歯垢が着きます。
そこに細菌が繁殖してしまい歯肉が炎症を起こして赤く腫れたり出血したりしてきます。
それに伴いよだれがひどくなったり、口臭がひどくなったりします。

歯周病は細菌感染症です。

さらに進むと歯肉、歯槽骨の退縮が起こり、歯がグラグラになり歯が抜けてしまいます。

歯周病は口腔内感染症にとどまらず、細菌菌体毒素が血流にのって腎臓や肝臓やなどに障害を引き起こすことがあります。
ペットの生命を脅かすことになります。

歯科検診内容

1 血液検査:肝臓、腎臓などをチェックする。
2 レントゲン検査:胸部(心臓、肺など)をチェックする
3 口腔内検査:歯、歯茎などをチェックする
4 歯科処置:動物の場合ほとんど全身麻酔で行います
  • 全身麻酔:(1)、(2)の検査で麻酔可能なペットのみ
  • 歯石除去:すべての歯石を除きます
  • 感染予防処置:抗生物質の投与
5 ホームケア指導:ブラッシングを指導します。

大きな地図で見る

住所
〒451-0016
名古屋市西区庄内通1-40ミユキモールサウスサイド1F

最寄駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩9分、
浄心駅1番出口より徒歩10分

診療時間
9:00 ~12:00 / 16:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら