HOME > 診療案内 > 予防接種

予防接種

フィラリア症

フィラリア症のイメージ
フィラリアとは

フィラリアとは寄生虫の名前をいいます。
別名犬糸状虫ともいいます。
大きさは成虫で12~30cmぐらいでそうめんのように細長い形をしています。
犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫で、最初は感染していても何も症状は無く、何年も経つと肺と心臓がぼろぼろになってから症状が表れます。
症状が出始めた頃には手遅れという場合もあり、愛犬を死に至らしめてしまう非常に怖い病気です。

フィラリアの予防方法

フィラリア予防フィラリア症は、予防をしないと生命にかかわる重大な病気です。
フィラリア症の予防法は媒介となる蚊の出現にあわせて、予防薬を毎月1回飲ませていきます。予防期間は、地域や平均の気温によっても多少異なりますが、通常は蚊の発生後1ヵ月から蚊が見られなくなった後、1ヵ月まで月1回投薬します。フィラリア予防を毎年していても、血液検査を春にしてフィラリアを確認することも必要となります。
大切な家族であるワンちゃんを守るために毎年予防しましょう。

狂犬病

狂犬病のイメージ
狂犬病とは

狂犬病は一度発症してしまえば生存確率は0%と犬の伝染病最悪の病気です。
また、狂犬病は犬と付いているのですが、実際は体温を一定に保てる動物(猫・熊・鳥、そして人間)でも発症します。

発症した場合確実に死んでしまいます。狂犬病を発症してしまった動物は人間に感染しないように、早急に安楽死処分されてしまうのです。
日本ではほぼ撲滅に成功していますが、海外などでは、当たり前のように発症していて、感染した動物にかまれた人間が亡くなっています。

次に狂犬病の正体ですが、狂犬病ウィルスに感染したことによって起こる感染症です。症状として脳に異常が起き、理由も無く暴れたり、噛み付いたりして、やがて昏睡から死に至ってしまいます。

狂犬病のワクチン

狂犬病のワクチンとは、日本の法律でワクチン接種をさせることが義務付けられているワクチンです。
違反している飼い主には罰則もあります。狂犬病ワクチンの接種をされてない方は、早急な接種を当院で行ってください。
また、海外ではまだまだ発症している病気で、特にアジア、アフリカや南米などに旅行に行かれる場合は、犬や猫に狂犬病の予防接種をオススメします。旅行期間や内容によっても異なりますので、まずは予防接種を扱う期間においてご相談下さい。

混合ワクチン

混合ワクチンのイメージ 犬の感染症は、犬伝染性肝炎、犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症などがあります。
一度発症してしまうと命に関わる病気もあるので予防対策のワクチン接種は必要不可欠です。
他の犬との接触がない場合でも、尿や便、唾液から病原体が感染することがあります。
接触時期は、生後の2ヵ月と3ヶ月齢に接種してください。初回の接種が早い場合は3回接種することをお勧め致します。その後は1年に1回接種してください。また、ワクチンは病気を予防するものですので、人間と同様に体調の良い時に接種してあげるようにしてください。

大きな地図で見る

住所
〒451-0016
名古屋市西区庄内通1-40ミユキモールサウスサイド1F

最寄駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩9分、
浄心駅1番出口より徒歩10分

診療時間
9:00 ~12:00 / 16:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら