コスモス動物病院のスタッフブログ

2015年1月19日 月曜日

うさぎさんでは

こんにちは獣医師の河合です(・ω・)

この間はわんちゃんの女の子の子宮の病気で子宮蓄膿症の話をしましたが、
今日はうさぎさんの子宮の病気のお話です。

うさぎさんは食べるものによって色素でおしっこの色が赤っぽくなったりして血尿と思われることがありますが、、
実際に血液が混じっているときは要注意です!
うさぎさんは子宮の腫瘍が多く、腫瘍からの出血や、子宮の粘膜が炎症を起こし出血し、子宮からの血がおしっこに混じり
「血尿」となることが多いです。
膀胱炎などによる膀胱からの出血ではないため、抗生剤などで膀胱炎の治療をしても治らないです。

治療としては前回の子宮蓄膿症と同じように手術で子宮卵巣を摘出することとなります。

摘出したら病理検査に出して診断を下してもらいます。
特に多いのは子宮腺癌という腫瘍ですが転移もしやすい為、早期に摘出することがすすめられます。

高齢のうさぎさんだけでなく若いうさぎさんでも腫瘍化してしまう事があるので、
うさぎさんも病気の予防のための不妊手術をお考えくださいね!

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

大きな地図で見る

住所
〒451-0016
名古屋市西区庄内通1-40ミユキモールサウスサイド1F

最寄駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅1番出口より徒歩9分、
浄心駅1番出口より徒歩10分

診療時間
9:00 ~12:00 / 16:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら